移住者の声

  1. HOME  >
  2. 移住者の声  >
  3. Case.14 有賀さん

農業に総合的に携われる
国内屈指の農業地域での仕事のおかげで
心身ともにフットワークが向上

有賀さん

イノチオホールディングス株式会社

神奈川県から豊橋市へ!

東三河にIターン就職を決めた理由は?

 大学は農学部を卒業したこともあり、就職先は農業関係を志望していました。それも、直接農家の方たちと関わりながら、栽培の研究や支援など総合的に農業に携わりたかったんです。農産物の生産量が国内屈指の東三河で、施設栽培の支援などを行っている今の会社にIターン就職したことで、希望を叶えることができました。

どのような仕事をしていますか?やりがいは?

 現在の主な仕事は、ある農家さんのトマトのハウス栽培支援と、自社農場で作っているトマトの栽培サポートです。とりわけ農家さんの栽培支援では、土壌設計をはじめとした環境の整備から運営経費のことまで、文字通り総合的に関わらせていただいています。
 当初は支援という言葉から指導をするイメージを持っていました。しかし実際は、生産者と密にコミュニケーションを取り、悩みがあれば共有して課題解決に向けて一緒に取り組んでいく、いわば「同志」のような関係であり、それだけに目標にしていた収穫量を達成したときの喜びは、ひとしおでした。
 入社5年目の昨年は農業簿記3級の資格を取りましたが、生産者から学ぶことはまだまだたくさんありますし、私自身も成長させていただいています。期待に応えるためにも、仕事に役立つ勉強はこれからも続けていきたいです。

東三河のいいところは?

 農業地域と聞くと田舎のイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。市街地では必要なものは何でもそろいますし、野菜や果物は近所の方からいただくもともしばしば。関東にも関西にも近いのは、Iターン就職者には見逃せないポイントです。

Iターン就職して感じることは?

 地元での就職にこだわらず、思い切って外(地方)に出て正解でした。これを機にフットワークが軽くなって、何事にも積極的に取り組めるようになった自分がいます。東三河に来たことへの後悔が全くないと言い切れるほど、毎日が充実しているんです。

その他移住者の声

実際に東三河で暮らしている方に、お話を伺いました。

東三河での暮らしについて知るには、東三河に暮らしている方に聞くのが一番。
東三河ライフを満喫されている方々の、生の声をお聞きください。

ページトップへ