現在の位置 : トップページ > ニュース&トピックス > 大海の放下(おおみのほうか)

ニュース&トピックス

大海の放下(おおみのほうか)

~お盆に響く太鼓の音色~
三方を山に囲まれた大海地区では、古くから伝えられる民俗芸能「大海の放下」があります。
毎年8月の14日・15日に行われる盆の行事で、県の無形民俗文化財に指定されています。
高さ3mもの大団扇を背負い、腹に太鼓をくくりつけ、古くから伝わる歌謡に合わせて舞い踊る3人の舞い手。平安末期、歌と念仏をもって放浪した放下僧のわざが、時代を経て大道の芸となり、この地に根を下ろしたものです。
大海の放下踊りは、夕刻から初盆の家々を訪ね、新仏の供養をして廻ります。
鎌倉時代から伝わる、哀調を帯びた節回し、鉦や笛の音が、宵のまちに響き渡ります。


【開催日】2018年8月14日(火)、15日(水)
    ※ 毎年8月14日と15日
【開催時間】18:00頃開始
【開催場所】泉昌寺
    〒441-1315 新城市大海字寺ノ前11
【お問い合わせ】0536-22-0673(教育委員会 設楽原歴史資料館)

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ